FC2ブログ
そよ風に吹かれて
風の吹くまま気の向くまま。 歌うことが好きなので、歌に関すること。 あと、詩を書くのも好きなのでぼちぼち書いてます。
*キャッチボール*
キャッチボール

小さなボールを握りしめたまま
立ち尽くしていたグラウンドの隅
手の中にあるこのボールを
ねぇ 僕はどこに投げたらいい?
問いかけても 返事は返ってこない
グラウンドに人はあふれているのに
僕はひとりぼっちだった

寂しくて 苦しくて 悲しくて
やりきれなくて握ったボールを
校舎の壁に叩きつけた

はねかえり飛んでいくボール
拾ってくれたのは君だった
その手にしっかりにぎりしめた
ボールを僕に差し出して
にっこり微笑みかけてくれた
いつのまにか僕も笑っていた

キャッチボールをしよう
君と僕と そう二人で
ボールと一緒に投げるのは
君に伝えたい言葉なんだ

**************************

今日は、過去の作品から「キャッチボール」を。
コミュニケーションの様子をキャッチボールに
表してみました。よく「言葉のキャッチボール」
っていいますもんね^^なかなか上手くいかない。
でも、伝わったときってすっごくうれしい気がします。

*花梨*
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
1. 無題
最初は自分の中のもう一人が受け取ってくれたのかと思いました。
でも、これは「グランドにあふれている人」の
一人なんですね。

たくさんの人の中でも、自分の声を
聞いてくれる人は、絶対に居ますもんね^^
2012/09/17(月) 20:55:31 | URL | はるか [ 編集]
2. ☆はるかちゃん☆
ありがとう!!よく見てくれてはるなぁ!
そうです、たくさんいる中で、「君」がやっと。
ボールを受け取ってくれたって事なんですね。
そこから、キャッチボールが始まるみたいな♪
自分との対話も必要ですが、人と対話しないと
コミュニケーションにならないもんね!!

キャッチボールの相手は、必ずいるとあたしも思うv
2012/09/18(火) 08:31:38 | URL | 藤咲花梨 [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fujihana22.blog.fc2.com/tb.php/453-6042f1f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック