FC2ブログ
風の吹くまま気の向くまま。 歌うことが好きなので、歌に関すること。 あと、詩を書くのも好きなのでぼちぼち書いてます。
紅と蒼

遠いあの日 そう 僕は
自分の色が 何色なのか
わからないまま 生きていた

この世界には たくさんの色が
あまりにもたくさんあふれていて
何色に染まれば いいのかと
僕は 途方に暮れていた

君に出会ったのは そんな時
君は僕に こう言ったよね

ーあなた鮮やかで映える紅だことー

僕は そう 生まれて初めて
自分が紅だということを知ったんだ

ー君は深く澄みわたる蒼だねー

そういうと君は 驚いた顔をした
あたしは蒼かったのねと君は笑った

もしかしたら そう誰もが
自分の色を知らずに 生きている
誰の色にも 染まることはない
僕は 僕だけの 君は 君だけの
たった一つの 色を持っているんだ

********************************************
しばらくぶりに、新しく詩を書いてみました。
皆それぞれ、誰にも譲れない美しい色を持っている。
それが、人の個性じゃないかなって思ったり…。
でも、自分は気がつかないんじゃないかなって思う。
だから、周りに合わせようと必死になるけど。
個性って人に合わせようとすれば消えてしまうから。
貴方はこんなにも美しい色を持ってると、教えてあげたい。

*花梨*

ブログの更新情報をお知らせしています☆
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

 ぽちっとよろしくお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

【2018/02/22 11:13】 | 言葉を紡ごう
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック