FC2ブログ
そよ風に吹かれて
風の吹くまま気の向くまま。 歌うことが好きなので、歌に関すること。 あと、詩を書くのも好きなのでぼちぼち書いてます。
低音域の魅力。
今日は、ちょっとこんなお話を…。あ、どうでもいい話ですけど。
それでも、聞きます??よろしかったら、まぁお付き合いください。

カラオケでがんがんに、男性ヴォーカルを突っ走ってる花梨ですが。
なぜ、男性ヴォーカル寄りになったのかといいますとね。
まぁ、一番は影山ヒロノブさんに出会ったのもあるんですけども。
忘れもしない…こんな曲も、かなり影響を受けたのでございます。

幽☆遊☆白書の飛影のキャラソンである。
「黄昏に背を向けて」song by檜山修之



飛影大好きで、もうこの歌が大好きすぎて…気が付いたらろんりーうぇーい(笑)
そう、当時こんな音域出るわけもありません。ありませんよ!!低すぎ。
しかし、大好きな歌が歌えないとか…ありえない花梨は、無理やり歌ってました。
あ、カラオケにはなかったのでアカペラですよ。アカペラでろんりーうぇーい(笑)
当時から、そんな無茶をやってたのですねー。ちみっこ無茶しやがって(;´∀`)

年を重ねて、昔に比べたら声が低く太くなったのは、気のせいじゃないみたいで。
昔は歌えなかった低音域が出るようになったみたい…。それは素直にうれしいな。
DAM始めてから加速しました。かっこいい歌が歌いまくれるのがうれしすぎて(笑)
かわりに、高音域が出なくなったかなってのがちょっと寂しい…のだけど。
徐々に…もともと出ていた音域で歌いこなせるようになってきたのですよ。
そんで今に至る…。最近、ものすごく歌声と話し声のギャップに驚かれる花梨です。
あは、マニアックな話でごめんなさいね。それでは、おあとがよろしいようで。

*花梨*

ブログの更新情報をお知らせしています☆
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

ぽちっとよろしくお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ






スポンサーサイト