FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2012/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
*硝子細工*
硝子細工

手のひらの上に ぽつんとひとつ
硝子細工の 小さな白鳥
大切にしてたのに いつのまにか
あちこちに ほら 傷がある

人の心も この白鳥の様に
硝子で出来ているのかもしれない
傷つきやすくて 繊細でもろい
神が人に与えた 硝子細工

傷つけないで お願いだから
一度ついた傷は消えはしないから
壊さないで お願いだから
壊れたら二度と 元には戻らない

白鳥がそう ささやいた気がした

手のひらの上に ぽたりと雫
涙にぬれた 孤独な白鳥
傷ついたこの 硝子細工でも
貴方は綺麗といってくれますか?

******************************
今日は「硝子細工」と言う詩をお届けです。
これはお題というより、「壊れやすい」 「繊細」
というようなイメージで書いてみました。
傷つきやすいものだからこそ、大事にしなければならない。
簡単に壊れてしまうから、守らなければならないんです。
気がつかないうちに、傷つけてしまわないように。

*花梨*
エアコン。
今年は、例年よりかなりつけてたみたい。
電気代がやっばー(`ロ´;)やっばー!!
まあ、そんだけこの夏は暑かった…。

エコじゃなかったかも…すんません!!


Android携帯からの投稿
*はかない*
はかない 

ハクヒトノイナイ ソノ クツ ハ
カタヅケラレズニ ソコニアル
ナゼカ アタラシイ キレイナママデ
イツマデタッテモ ソコニアル

ハカナイ クツ ハ ダレノタメ…



あの日 あの子はいつものように
笑って「いってきます」って
元気に駆け出して行ったんだ
 
買ったばかりのこのボクを
「汚したくない」って言っていた
だから今日は まだお留守番
あの子に履いてもらえる日を
ボクは楽しみに思っていたよ
 
赤いランドセルが カタコトと
あの子が歩くたび 音を立てた
ランドセルちょっと大きいね
くすり笑って あの子の背中
そっと ボクは見送った

だけど あの子は帰って来ない
夕日が沈んでも 暗くなっても
お月様が 顔を出しても
あの子の姿はどこにも見えない

あの子はどこへ行ってしまったの
ボクのこと まだ はいていないのに
あの子はどこへ行ってしまったの
ボクのこと ぎゅってしてくれたのに

ふいに誰かが ボクを抱え上げ
優しく優しく抱きしめてくれた
小さな雫が ぽたりぽたりと
ボクの体を 静かにぬらした

 

 あの子は二度と 帰らない…



はかない 靴は 誰のため
はくはずだった あの子のために
はかない 靴は いつまでも
はくはずだった あの子を想い…

 下駄箱の隅 佇んでいた

*****************************
今日は、過去の作品より「はかない」を。
これは、お題を元に考えたものなんですが。
「はかない」と聞いて浮かんだのがこのストーリーでした。
この詩は特に、工夫をこらしてあります。
気がついた方、いらっしゃるでしょうか。

*花梨*
*思い出ちょきんばこ*
思い出ちょきんばこ

ちゃりん ちゃりん ちゃりん

コインの落ちる音がする
思い出はそうコインに替えて
ちょきんばこにためておこう
どれくらいたまったかな
どきどきしながら振ってみた

じゃら じゃら じゃら

コインのふれあう音がする
辛いこともあったけど
悲しいこともあったけど
それだけじゃなかったよね

私の人生捨てたもんじゃないよ
今までがんばって生きてきたんだ
無駄なんかじゃなかったんだと
ちょきんばこ そっと抱きしめた

******************************
今日は過去の作品から、「思い出ちょきんばこ」を^^
ちょっと、落ち込んでいて自分ってなんだろうって。
そんな気持ちをちょきんばこにしてみました。
今、思い出はどれくらいたまっているだろうかね?

*花梨*
*向日葵*
向日葵

真夏の日差し いっぱい浴びた
あなたは向日葵 かわいい向日葵
太陽目指して まっすぐに
ぐんぐん育てと 願いを込めて
見上げた空は はてしなく青く
どこまでも どこまでも続いている

ごらん向日葵 雲の彼方を
あそこにあるのは 無限の未来
ごらん向日葵 燃える太陽
そうよあなたは 太陽の花

キラキラ笑顔 まぶしく映る
あなたは向日葵 かわいい向日葵
水しぶきはねる 夏の庭
はしゃぐその姿 忘れはしない
見上げた空に 響く笑い声
いつまでも いつまでも続くように

瞳を閉じた 夏の日の午後

*********************************

今日は、過去の作品から「向日葵」をチョイスしました。
これも、「向日葵」というお題で当時リクエストをいただいて
それで書いたものですよ。その方が幼稚園の先生だったので。
園庭で遊ぶ子供たちというような、そんなイメージです。

*花梨*
*夢の砦*
夢の砦

明日へと石を積んでいこう
今日見たこと 今日聞いたこと
そして 今日友達と話したこと
その一つ一つを 毎日毎日
積み重ねて 僕らは生きている

積み上げて行くと 何が出来るの?
先生に聞いたら 教えてくれた
君たちの前に できあがるのは
希望に満ちた 夢の砦

一人一人まったく違う
自分だけの形 自分だけの色
同じものなんて 一つもないんだ

大事なことってなんだろう
必要なものってなんだろう
先生は僕らに問いかける
あれが大事かな これが必要?
僕らはたくさん話をしたね
今日も 新しい石を積んだよ

未来の僕らは どんな風だろう
そんなことを思い描いて
僕らは明日へと石を積んでいく

積み上げたそこには きっとね
夢の砦がそびえたっているだろう

********************************
過去の作品から「夢の砦」と言う作品を^^
これは、「夢の砦」というお題に沿って書いたものです。
前回の「夢」を書いたとき、こんなのも書いたなぁって思い出して。
どこか、作風は似た感じかもしれませんね。
明日に石を積むという表現が、当時とても気に入っていました。

*花梨*
*夢*
あるとき ボクは大富豪
いくつもの油田を持っていて
王様のように暮らすんだ

あるとき ボクは宇宙飛行士
スペースシャトルで銀河をめぐり
ボクだけの星を見つけたい

そうだよ これはボクの夢だから
なんにだってなれるんだ
どこへだってゆけるんだ

ああ 気が付いたら 遠くから
ボクを呼ぶ ママの声がする
もう そろそろ 起きなくちゃ
目が覚めたら またボクは
いつものボクに もどるけど

ボクが見る夢のどれかひとつ
なれたらいいな なりたいな
ボクたちはみんなそうやって
夢を見ながら 大人になるのさ

***************************

こちら、お題二つ目の「夢」でございます。
このお題を見たときに、見るほうの夢か、叶える方の夢か。
どっちにしようか悩んだのですが。お題のリクエストの言葉に
そってみました。少し、低年齢向きな作品になったかな。
イメージは「みんなのうた」に出てくる感じvvいかがですかな?

*花梨*
ただいまぁああ。
やっと、相方の実家から帰ってきました。楽しく過ごすことができて。
本当に、いつもながらあたたかいお心遣いに感謝してます。
相方もやっとゆっくり休めたようで、安心しました。

明日からまた、仕事だけどお互い頑張りましょうね

詩作を再開してから、お題をもらったり感想をもらったり。
すごく楽しくなってきました。ちょっとずつ頑張ってみよう。
暖かい感想がもらえて、とってもうれしかった花梨です。

さてさて、ピグライフお姉ちゃんに手伝ってもらっちゃってましたが、
また再開しなくてはエダマメーがんばるぞおおおおおぉ。

*花梨*
お買い物♪
相方のお母さんが、雨で服が濡れたあたしに、服を貸してくださいました(^_^)
それがめちゃめちゃかわいい♪似合うといっていただいて、うれしかったです。
実際素敵な服で、センスがお若いんだなあ!

今日はお買い物ご一緒しました!ズボン買っちゃった(~▽~@)♪♪♪そんで、サンマルクで、晩御飯♪パン食べ放題にデザ
ート食べ放題…。お腹いっぱいでした!

*花梨*

Android携帯からの投稿
*真珠の首飾り*
真珠の首飾り

幾千もの想いが 心の奥
あちらこちらに散らばっていて
僕はそれをひとつ ひとつ
拾いあげて つないでゆく

だけど うまくつながらない
なかなか言葉にならないんだ

ああでもない こうでもない
つないでは ほどき
ほどいてはつないで
紡ぎ上げた言葉はひどく
あまりにもつたなく不恰好で

余計な言葉があるかもしれないし
逆に言葉が足らないかもしれない
だけどね これが 僕に出来る
精一杯の 君への贈り物だから

想いをまっしろな真珠に変えて
首飾りにして 君に贈るよ
ショーケースの中 飾られてる
高級品には程遠いけれど
君の胸元で 永久に輝く
一番の宝物になればと思う

*****************************

過去の作品から「真珠の首飾り」を今日はチョイスして見ました。
自分が、こうやって言葉を紡いでいるその過程を例えたら。
きっとこんな感じかしら。大切な誰かに伝えたい言葉だから。
そんな真珠の首飾り、どうかあなたが喜んでくれますように^^

*花梨*
来てくれてありがとう
プロフィール

藤咲花梨

Author:藤咲花梨
日々まったりと…。
なんくるないさぁv
のんびりつぶやいてます。

何はなくとも歌うこと!!
アニソン、アニメや漫画を
こよなく愛する
ちみっこであります。
ポニョに似てるらしい?!
詩を書くこともあります。
最近はカラオケが楽しくて♪
カラオケブログが多いかも(笑)



カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お世話になってます
おたよりはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
更新をお知らせします
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示