FC2ブログ
そよ風に吹かれて
風の吹くまま気の向くまま。 歌うことが好きなので、歌に関すること。 あと、詩を書くのも好きなのでぼちぼち書いてます。
誰かの悪口を言うということ。
Twitterでは、先に書いてたんだけど、きちんと紹介したいなぁって思ったので。
日記としてあげてみようかと思います。ここの記事…よかったら皆さん読んでみてください。

誹謗・中傷・反論・批判が飛び交うインターネットの世界

なんていうか、あたしがもやもやーっと思ってた部分にたいして、ずばり答えてくれたような。
そんな記事だったので、他の人にも読んでもらいたいなぁって思いました。

○ネットという匿名性の特殊な環境、それが本来…聞き流してすむことが、批判対象になること。
○批判が高じて悪ではない、これは正義なんだという間違った正義が横行してしまっていること。

この二点が、なるほどそうだなぁって思ったわけですよ。
あたし的には、ネットの掲示板に書くときは、教室の黒板に書くくらいの気持ちを持ってます。
だから、誰かの悪口を書けば、教室の黒板に悪口を書いたと同じことだと思ってます。
それが、個人の掲示板なら、もはやその人のノートに悪口を書いたようなものであると。
そう思ってるから、絶対したくないんです。そのへん、わかりますかね。
たしかに、間違ってる!それはよくないよ!という指摘や批判はありえることではあります。
でも、それが高じると…簡単に中傷に変わってしまいますから。そこに気がついて欲しい。
先ほど述べた、間違った正義にならないようにしたいですね。

気に入らない人がいる。その人の発言や、ブログを見ただけでいらいらして、むかむかする。
その、いらいら、むかむかを掲示板ということころに全部ぶつけて発散してる。
そういうことなんだろうなぁ。嫌いな人はいても当たり前だと思うけど、ちょっとおかしいよね?
ドラマや漫画に出てくるような、心ないいじめっ子と同様にはなって欲しくないものです。

*花梨*
スポンサーサイト