来てくれてありがとう


プロフィール

藤咲花梨

Author:藤咲花梨
日々まったりと…。
なんくるないさぁv
のんびりつぶやいてます。

何はなくとも歌うこと!!
アニソン、アニメや漫画を
こよなく愛する
ちみっこであります。
ポニョに似てるらしい?!
詩などを書くこともあります。
最近はカラオケが楽しくて…♪
カラオケブログが多いかも(笑)




カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


魔法のしずく

あなたの声を聞くたびに
あなたの笑顔を見るたびに
ぽたり また ぽたり
カラカラに渇いた心の奥で
音を立てるかすかな水音

それは小さな魔法のしずく
しずくはやがて雨となり
静かに静かにふりそそぐ
渇いた心が潤っていく
ほらね 力が湧いてくる

あなたがくれる優しさは
不思議な不思議な魔法のしずく
私の心を満たしてくれる
すてきなすてきな魔法のしずく

**************************************
優しさっていうのは…。
優しいしずくのようなもの。
ぽたり、ぽたりと。
空っぽの心を満たしてくれる。
そんな友達がたくさんいて。
とっても自分は幸せなのだと。
いま実感していますヽ(*´∀`)ノ
この詩は、めっちゃ古い…。
もう10年は前に書いたもの。
懐かしすぎて、いろいろよぎりました。

*花梨*

ブログの更新情報をお知らせしています☆
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

 ぽちっとよろしくお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
逢魔ヶ刻

一人ぼっちの黄昏時
なんとなく憂鬱な帰り道
一人でいると 寂しくて
ふぅとため息 空を仰いだ
見上げた空は綺麗な茜色
山の向こうに沈んでく夕日が
紅く紅くあたりを染めていた

黄昏時は美しいけれど
なんだかせつない気分になる
「逢魔ヶ刻」と誰かが言った
妖しのものがうごめく時間

黄昏時は気をつけなさい
何に起こるか分かりませんよ
子どもは早く 家にお帰り

****************************
今日は、詩の更新をしてみました。
昼でも夜でもない…黄昏時。
マジックアワーともゆうんですけど。
どっちかというと、「逢魔ヶ刻」という響き。
これが、なんともミステリアスで…。
ちょっと怖いけど美しい感じがして好きです。

*花梨*

ブログの更新情報をお知らせしています☆
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

 ぽちっとよろしくお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
木枯らしと海

ひゅるりひゅるりと吹き抜ける
木枯らしが告げるは 冬の訪れ

誰もいない 波止場に立てば
吹き抜ける風がたえまなく静かに
刻み続ける 晩秋のメロディ
水平線の 遥か彼方
真っ赤な夕陽が空を染めていた

海よ お前に どれだけの人が
言えない秘密を 語っただろう
泣いたり 笑ったり 怒ったり
たくさんの想いが海に眠る

海よ お前は どんなときにも
何も言わずに そこにいて
ただじっと 訪れた人の言葉に
そっと耳を傾けている

海は優しく 語りかける
冬が来る前に 元気を出して
心が凍えてしまわぬように
泣きたくなったら ここにおいで
いつでもここで待っているから

ゆれる波音が風にとけた
“頑張れ”と言う声が聞こえた

***************************************

そろそろ、木枯らしが吹く季節になりましたね。
ちょっと、そんな時期にぴったりの詩をひさしぶりに。
海ってあんまり行ったことがないんですけれども。
なんとなく、秋から冬ってこう海のイメージが。
海が近くにあったなら、あたしも海に語り掛けるかしら。

*花梨*


ブログの更新情報をお知らせしています☆
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

 ぽちっとよろしくお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
Knock~扉を開けて~

誰もいない小さな部屋
ずっと一人ぼっちだったんだ
来る日も来る日もこの部屋で
誰かが訪ねてくれるのを
待ちつづけるのは もうやめた

扉を開けて 外に出よう
傷つくこともあるかもしれない
逃げたいときもあるかもしれない
だけど それとおんなじくらい
嬉しいことも楽しいことも待っている

扉の前で深呼吸 準備は良いかい?
「はじめまして」はどきどきするね
握った手のひらに ひとひらの勇気
さあ扉をKnockしよう

とん とん とん 「こんにちは」

「はじめまして」から始めよう?

******************************************
今日は、詩の更新をしてみようと思います。
何も見なければ、何も発信しなければ…。
わずらわしいことなんて何もない。
誰に傷つけれられることもない。
なのにさ…なのに、皆。
思い思いに何かをつぶやいている。
私はここだよ、ここにいるよって。
誰もが日々あちらこちらでつぶやいている。

やっぱり誰かとどこかでつながりたい。
誰もが、抱える思いはきっと一緒だよね。
ならば、ちょっと扉をKnockしてみましょうか。
こわいけれど、きっと素敵なご縁がそこにある。

*花梨*

ブログの更新情報をお知らせしています☆
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

 ぽちっとよろしくお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブランコ

ゆらゆらゆれる ブランコは
あっちとこっちを 行ったり来たり
あんまり強いと 高すぎて
足がすくんで 飛べなくなるし
あんまり弱いと 届かない
あたしはどちらへも行けないの

視線の先には あなたがいて
ほら 手招きしてくれている
迷っていたって始まらない
息を吸って 顔を上げて
思い切って 勇気を出して
ブランコからほら 飛び出すわ

だからお願い あたしのことを
どうか優しく 受け止めてね

*****************************************
これは、過去に書いた詩なんですけどね。
なんだか、今日はこの詩を載せておきたかった。
いやぁ、恋というものはブランコのようですね。
ゆらゆらゆれる…ゆれる恋心ですか?
ポンっと飛び降りて着地した先には…ね??

*花梨*

ブログの更新情報をお知らせしています☆
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

 ぽちっとよろしくお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

 | BLOG TOP |  NEXT»»